Blog

 

2010.05.22 Saturday

【献本頂きました】Movable Type5 実践テクニック

Movable Type5 実践テクニック遅くなりましたが、「Movable Type 5実践テクニック」を献本頂きました。

同書の著者であり、「世界中の1%の人々へ」というblogでもMTはじめ、その他のCMSについても、いつも参考になる記事を書いていらっしゃる蒲生トシヒロ様からです。

頂いた荷物を受け取って先ず、
「重い・・・」と、梱包を解き実際の本を手にしてもズッシリとした重み!

巻頭の「本書について」を読むと
「MT4までは理解しているデザイナーやマークアップエンジニアを対象」とあり、
MT3まではナントカ多少触る事が出来た(それも極々、本当にごく基本程度)けど、
MT4では見事にコケた私がこれを理解出来るんだろうか、と、
それはそれは恐れ多い気持ちで少しずつ読み進めました。

大体アタシのMTの知識は

  • MT3でいうテンプレートは大体なんとなく分かる(つもり)。
  • でもMT4では何が何だか分からないまま挫けた。
  • インデックステンプレートとアーカイブテンプレートすら明確に把握してるかと聞かれるとビミョー。
  • ブロックタグとファンクションタグって何が違うの?
  • (確か、)MT4から出てきた「ウェブサイト」と「ブログ」ってどういう意味???(この辺かなりトラウマ)
  • 変数とか条件分岐とかこわいマジで(これもトラウマ度超高い)。

・・・程度のモンですので、MT5なんて物凄い怖いんじゃないかと、かなりビクビクもんでした。

が!!!!!

何が嬉しいって、この本、 一つ一つちゃんとスクリーンショットと図解で解説されているんですっ!!!

そしてもう一つ、

MT独特の「考え方」について、ちゃんとアタシ位の頭の人間にも分かるように懇切丁寧に書かれている!!(感涙)

分からんのですよ、MTの(特に4の以降での)世界で言う、独特のアレコレが。
そしてテキトウにヘンな所いじって壊したあの遠い日を思い出すと、
もう自分にはMTを一から組むなんて無理な世界なんだろうなー、と半ば思ってました。

それが「怖くない」と感じさせてくれて(これかなり重要)、
なんかもしかしてこれって凄く楽しいんじゃないだろうかとまで思わせてくれる貴重な一冊だと感じています。

まだまだやりたい事をスイスイ動かすにはムリムリー!なのは当然ですが、
「怖くない」!!!
ってのが私には物凄い大事な事なので、
ちょっとずーつ、ちょっとずーーーーついじってもっと楽しめるようになるぞーーー!

蒲生さん、本当にありがとうございました!! また、執筆、本当にお疲れ様でした。

蒲生 トシヒロ,藤本 壱,小野崎 直昭,難波田 実香,柳 泰久,柳谷 真志,丹羽 章
ソフトバンククリエイティブ
¥ 2,940
(2010-03-26)

| BOOK | 05:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ▲to TOP |

2008.09.26 Friday

ブクログ

前はよくこのblogに買ってきた本を一覧にしてダーッと並べたりしていたのですが、管理が間に合わなくなって来たので
最近はブクログってのを利用しています。

ブクログのサービスがOPENした当時にもID取っていじったりしてたのですが、
その当時はムチャクチャ重たくて使い物にならなくて、
イライラして止めちゃったんだけど最近はそうでも無いみたいでサクサク動いてくれています。

とりあえず増え続ける雑誌書籍類をなんとかする、ってのはアタシの長年の課題の一つでもあるので
自分が見たい!と思ったものを出来るだけ早く発掘するためにも、
このサービスが有効利用できるといいな、と期待しています。
(いや結局整理整頓するのは自分なんですが)

今の所カテゴリーが有効ではあるとは思うものの、
出来るならばタグ機能があるとホントはもっと便利なのにな〜っと。
今後に期待しましょう。

ちなみにアタシの本棚は
http://booklog.jp/users/untidy
ですが、最近の物とシリーズでダーッっと登録出来るものからいっていますので
登録時によりジャンルに偏りがあるのはご容赦を。

本棚公開する、ってことはかなり恥ずかしい事だと思うのですが、
こうでもしないと片付かないので思い切ってエイヤー!!!

| BOOK | 15:19 | comments(4) | trackbacks(0) | ▲to TOP |

2008.08.20 Wednesday

日本全国「県境」の謎

夏休み記録続き。
本屋で偶々みかけてつい購入。

県境というか今の都道府県が出来たのは江戸末期の廃藩置県で〜、
倒幕側は県名と県庁所在地が同じ名前(山口、高知、鹿児島などなど幕末に色々名前の出てくる人が居た所は大体こっち)で、
幕府側は県名と県庁所在地が違う名前(愛知と名古屋、石川と金沢、茨城と水戸、みたいに有名な徳川家系の大名がいた所は大体こっち)、
っと、
勝手に思っていましたが全然違ってました。

いや、全然違うわけでもない、でもそれだけが理由でもない、みたいな事が書かれてて、
しかも廃藩置県の時には今よりももっともっと沢山都道府県があって、
そして現在でも県境というのは毎年の様に変わる、って事だとか、
とにかく地図好きには面白い1冊だった。

これともう1冊、同じシリーズっぽいヤツで面白そうなのがあったから今度は正月にでもそっちを読みましょうそうしましょう。


知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)
浅井 建爾

| BOOK | 03:14 | comments(2) | trackbacks(0) | ▲to TOP |

2008.03.13 Thursday

Flash関係の本いろいろ 080313

Flash プロフェッショナル・スタイル CS3対応Flash プロフェッショナル・スタイル CS3対応
A.e.Suck,五十嵐 学,伊藤 のりゆき,岡本 紳吾,笠居 トシヒロ,金像 瑞穂,サブリン,野中 文雄,まつむら まきお,森 巧尚
この所急に思い立ってFlashを色々いじり始めたのは、
先週、というかこないだの週末に本棚からあまりに本があふれ出して来たのでちょっと本棚を整理しようと思いましてパラパラやりながら、この本が目に留まったのがきっかけ。

この本は去年の夏のCSS Nite in Nagoyaのじゃんけんゲームで見事に勝ち進んで頂いたものだったのですが、「うへぇ〜〜、アタシみたいなのに当たっちゃって申し訳ない」と思った位で、最初にパラパラとやってずっと本棚に放置してあったのを「せっかく頂いただからちょっと位真剣に読んでみよう」と見てみたのが今回の盛り上がりの初まり。

「Flash」というと、もの凄く面白いサイトがある反面、
「HP見てても読み込みに時間が掛かる」
「ページ移動するのにイチイチマウス操作をするのがメンドクサイ」
「こんなの見せるのに動いてなくても別にいいじゃないの」
なんて感じる事も多くて、
そういうものを作るツールだとばかり思っていましたが、この本を見てみたらそんなのばかりでもない、というのにやっと気がつきまして、(いやCSS Nite本編でもFlash Videoの作り方についてのお話を聞きましたがとてもじゃないけど私にはああいうものは丸っきり縁が無いと思っていました)
それで一番簡単そうで自分が「あったらいいな」と思うようなものを作ってみようと最近、というかこの1週間位、「やる気になった時が吉日」と言わんばかりにFlashばっかりいじり始めたのです。

---


プロとして恥ずかしくないFlashの大原則 (エムディエヌ・ムック―インプレスムック)1ランク上の技を身につけるFlashの強化書 (MYCOMムック +DESIGNING Professional Bi) (MYCOMムック +DESIGNING Professional Bi)プロとして恥ずかしくないFlashの大原則 (エムディエヌ・ムック―インプレスムック) 大重 美幸
1ランク上の技を身につけるFlashの強化書 (MYCOMムック +DESIGNING Professional Bi)
+DESIGNING編集部

で、そう思ったら自分の勢いを殺さない為さっさと本屋へ行ってこの2冊をGET。
日曜の夜で会計時に財布にお金が入って無いのに気がついて焦ってカード払い(苦笑)。
どちらも中〜上級者向けで突然これではあまりにムリがありすぎます。

---

Flash MXウェブデザイン・ガイドFlash MXウェブデザイン・ガイド
伊佐 恵子,佐々木 信,ミート茂手木,ランディング
ちうこって、むかぁ〜〜し買った(MX時代のもの)コレを引っ張り出して来て基本中の基本を見ながらショートカットと各機能がどういうものなのかを確かめながらいじり始めます。

---

Flashモーションデザインハンドブック (X‐media graphic library)FLASH&インターフェイスデザインのネタ帳 (MdN books)Flashモーションデザインハンドブック (X‐media graphic library)
小西 秀樹
FLASH&インターフェイスデザインのネタ帳 (MdN books)
MdN編集部

この2冊も家にあったのでこれも引っ張り出してきて色々見直し。

こんなに沢山Flashの関連本が家にあるのは、MXの時代に「ちょっとやってみよう」と思ったものの、見事にコケまして、
それからというものすっかり「Flashなんてアタシには絶対ムリ」というのが刷り込まれていたのですねぇ〜。
でも何故か今回はムリ!!と思わず、
「とりあえず丸写しでいいからやってみるべきだ」と自分に言い聞かせていじり続ける(笑)。

---

macromedia FLASH ActionScriptスーパーサンプル集macromedia FLASH ActionScriptスーパーサンプル集
大重 美幸
FLASH ActionScript辞典
伊藤 のりゆき,古籏 一浩

こんな本もあります。

スーパーサンプル集の方は初〜中級者向け?
辞典の方は完全にスクリプトの部分が書かれていて、本当に辞典です。
この当時から使える機能は増えているのかもしれませんが(何しろMX版なんで)私に違いが分かるはずもなく(苦笑)、
とりあえずまずはこれだけの本を見て丸写ししながら、自分の頭の悪さが時々イヤになりつつ、
今度こそちょっと位は分かるようになるぞ!!

| BOOK | 00:43 | comments(2) | trackbacks(0) | ▲to TOP |

2008.02.03 Sunday

最近買った書籍色々 0202

本記録11月頭から書いてないから何がなんだか分からんくなっとる上に
この記事相当色々書いてからページの行き場所間違えて相当書きあがった状態のが消えた(苦笑)。
まーいーや。めげずに書こ。
記録はマメにしておかないと面倒なことになる(今日現在でも相当面倒いが)。

---

-Final Fantasy 20th Anniversary- ファイナルファンタジー レミニセンス-Final Fantasy 20th Anniversary- ファイナルファンタジー レミニセンス
エンターブレイン
はいはい、先ずはこのすみれちゃんの記事を読んで本屋に走りました(笑)。
FFは1〜9まではリアルタイムでやって、その後10飛ばして10-2をやって、12が出たなんて全然気が付かず、去年CCFF7途中までやって止まったきりなんだけど、なんかこうやって一覧出来て振り返る事が出来るというのを見るのが楽しみでつい。
でも1とか2とか、当時メチャクチャやり込んだはずなのにほとんど何も思い出せんとはこれいかに(苦笑)。

ファイナルファンタジー 20thアニバーサリー アルティマニア File1:キャラクター編 (SE-MOOK) (SE-MOOK)ファイナルファンタジー 20thアニバーサリー アルティマニア File1:キャラクター編 (SE-MOOK) (SE-MOOK)
行ったついでにその隣にあったコレもGET。まだ開けてない。
でもこれは「File.1 キャラクター編」とある・・・・。
てことは・・・この後きっと何冊も出るって事で・・・。。。。
まぁ今年は大人力発揮して買い揃えるか・・・(^_^;)

電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2008年 03月号 [雑誌]電撃 HOBBY MAGAZINE (ホビーマガジン) 2008年 03月号 [雑誌]
そして本当に久し振りに、上2冊の横に並んでいたコレまでも(笑)。
今回エアブラシの特集が興味深いもので、コンプレッサーとハンドピースが細かく載ってるのがツボで。
でも今の家に引越してから「窓際に多少汚れてもいい机を置くスペース」ってのが取れなくてウチの作られて無いガンプラはそのまま山積み状態。

どぉするんだろアタシ・・・あの1万円位出して買ったパーフェクトグレードの黒いMk兇箸(爆)。
アタシはサーフェイサー→一回黒塗り→白かメタリック(無彩色系)→その上にカラー、って塗りが好きだもんだからさぁ〜〜・・・・時間掛かりすぎちゃって・・・
忘れちゃうのよねぇ、自分が何やってたのか、次に何をしようと思ってたのかとか・・・。

madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2008年 2/5号 [雑誌]madame FIGARO japon (フィガロ ジャポン) 2008年 2/5号 [雑誌]
んでコレも!
今年の春は本当にカラフルでドレープがたっぷり!!!ってのが満載で見てるだけで楽しー!
別冊の「Shoes&Bags」も見てるだけで楽しい!!!ワクワクする!

MdN (エムディーエヌ) 2008年 02月号 [雑誌]MdN (エムディーエヌ) 2008年 02月号 [雑誌]
これは今月号はフォントの一覧とCDが付いてるからそれが便利なのと、
こちらのblogでも作品が見られるchikoさんの作品が凄く綺麗で見とれてGET。
すごい。イラストレーターで作ってるってのに驚いた。
こういう雰囲気のものはPhotoshopで作るもんだと勝手に思ってた。
もっとレイヤーの使い方勉強しよ、と思った。

---

その他一覧。

MdN (エムディーエヌ) 2007年 12月号 [雑誌]Web creators (ウェブクリエイターズ) 2007年 09月号 [雑誌]Web creators (ウェブクリエイターズ) 2008年 01月号 [雑誌]ディズニープリンセス 2007年 12月号 [雑誌]ディズニープリンセス 2008年 02月号 [雑誌]

| BOOK | 01:11 | comments(0) | trackbacks(2) | ▲to TOP |

Pintarest

▲to TOP